福岡人気店の作る話題の美味しいシュークリームおすすめ5選

 

今回、大名BASEで取り上げさせて頂くのは ” シュークリーム”

福岡の人気店が作るいま話題のシュークリームを5選紹介致します。

 

 


1. クロッカンシュー ザクザク

 

焼きたてフレッシュな美味しさを目の前で。
北海道生まれのクロッカンシューザクザク

シュークリームの中身にこだわるのは、ごく普通。
「外側のシュー生地をもっとおいしくしたい」という逆転の発想から、
ザクザク食感が新しいクロッカンシュー生地が生まれました。
焼きたての味を届けたいから、工房一体型の店舗で全て焼き上げてご提供しています。

 

TIME AND EFFORT / 手間を惜しまない
ザクザク感を作るクロッカンシューを、手作業で丁寧に工房で焼き上げています。

 

THE FINEST INGREDIENTS / 原材料にこだわる
牛乳やバターは北海道産のものを使用して製造しています。

 

FRESHLY SERVE / フレッシュなタイミングで提供
なめらかできめ細かいカスタードクリームを
注文を受けてから充填することで、
フレッシュな状態でお楽しみ頂けます。

 

焼きたてクロッカンシューのザクザク食感が引き立つのは、購入してすぐのお召し上がり。
お持ち帰りの場合は、下記のように温めることで食感が復活します。

 

ホリデーシーズンを盛り上げる濃厚なキャラメルフレーバー

○ ザクザクシュー キャラメル
○ ザクザクソフト キャラメルディップ

 

2020年11月1日(日)〜1月7日(木)の期間限定で、
ホリデーシーズンを盛り上げる濃厚なキャラメル味フレーバー
ザクザクシュー キャラメル」と「ザクザクソフト キャラメルディップ」を販売してます。
※天神地下街店のみ10月23日~販売しております。

 

「ザクザクシュー キャラメル」

2019年11月に「クロッカンシュー ザクザク」のホリデーシーズン限定フレーバーとして登場し、
人気のあったメニュー。
多くのお客様からのリクエストに応え、
ホリデーシーズンを盛り上げる限定フレーバーとして再登場してます。

シューの上からもキャラメル入りホワイトチョコレートをトッピングしました。
濃厚なキャラメルをたっぷりと使用したホリデーシーズン限定の味わいをお楽しみいただけます。

「ザクザクシュー キャラメル」

ザクザク食感のシュー生地に、
キャラメルカスタードクリームを注入した商品です。
このキャラメルカスタードクリームは、
北海道産ミルクを使ったきめ細やかなカスタードクリームにキャラメルソースを混ぜこんだ、
懐かしさのある味わいになっています。

 

「ザクザクソフト キャラメルディップ」

まるで生クリームをそのまま凍らせたかのような濃厚なソフトクリームを180度逆さまにし、
キャラメルパウダー入りのチョコレートにディップしたメニュー。

表面にはクロッカンやアーモンドクランチをトッピング。
なめらかな口溶けのソフトクリームとパリパリのキャラメルチョコレート、
カリカリとしたトッピングの食感の違いお楽しみ頂けます。

 

 

 

クロッカンシューザクザク 店舗概要

住所 福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1
電話番号 092-710-5077
アクセス 西鉄福岡駅(天神)から155m
営業時間 9:00~21:00
定休日 天神地下街に準ずる
予算 ~¥999
駐車場
公式ホームページ                    https://zakuzaku.co.jp/ 
公式Instagram @zakuzaku_jp

 

 

 

 


2. コハク堂

冬はシュークリーム専門店、
夏はかき氷専門店

『kohakudo こはくどう』は2018年7月にオープンし、
10月からシュークリーム専門店に。

全粒粉を練り込んだシュー生地はサクサクで奥深い味わい。
その生地に負けないぐらい存在感のあるクリームがたっぷり。

いずれも小さなお子さんを持つパティシエさんが
ひとりで一つひとつ丁寧に手作りしている、こだわりの逸品ばかり。

なので数や営業日に、限りがあるみたいです。

 

『kohakudo』シュークリームの真骨頂!

シュー生地には全粒粉が練り込まれているので
外側のザクザク感と内側のしっとりフワフワ感のコントラストと
クリームの強い個性をしっかりと受け止める懐が深〜い味わい。

 店舗概要

住所 福岡県福岡市中央区大名2-3-7
電話番号
アクセス 赤坂駅から135m
営業時間 11:00~16:00
定休日 日曜日、祝日(不定休あり)
予算 ¥1,000 ~ ¥1,999
駐車場
公式Instagram @kohakudo

 

 

 

 

 

 


3. 桃川菓子店

「ひとり入るのがやっと」

お店は一人入るのがやっとくらいの広さのお店。

店内には、
シュークリームにフルーツタルト、
プリン、ロールケーキ‥…。
カスタードクリームを使ったお菓子をメインに
ショーケースに並べられています・

 

 

 

桃川菓子店 店舗概要

住所 福岡県福岡市中央区白金1-6-3
電話番号 092-534-1751
アクセス 薬院駅から457m
営業時間 15:00~21:00(売り切れ次第終了)
定休日 水曜日
予算 ~¥999
駐車場 無し
公式Instagram                      https://www.facebook.com/momokawakashiten/ 

 

 

[ Google ]

 

 

 

 


4. Cecil Blue

九州初のエクレア専門店

素材にこだわり、鮮度にこだわる。
季節を意識し、各イベント限定エクレアやケーキにちなんだエクレアなど
新しいスタイルのエクレアを提案。

プレゼント、手土産、差し入れ、ご自分やご家族に。
その他、 各種デコレーションケーキや記念日のケーキ、
二次会のケーキなどご予約で用意してもらえます。

カラフルで芸術的なエクレアが並ぶ「Cecil Blue(セシルブルー)」

福岡市薬院エリアに昨年オープンしたこちらのお店は、
テーマに沿ったアレンジが評判の福岡初のエクレア専門店です。

美しいデコレーションが魅力のエクレアです。

 

大通り沿いに建つシンプルでシックな外観

お店は福岡市薬院大通りの「薬院六つ角」交差点から警固方面へ3分ほど進むと左手にあります。
雑貨店やパン屋などが建ち並ぶ通り沿いに建つ建物は、
グレーがかったシンプルな佇まい。

店内もエクレアが映えるように落ちついたカラーで統一され、
ショーケースのみのシンプルな造り。
5~6人でいっぱいになるほどの空間なので、お持ち帰りのみとなっています。

 

午前中には売り切れてしまうことも

ショーケースに並ぶ色とりどりのエクレアは定番から季節限定の商品まで、常時10種ほどが並びます。
エクレアを作るのは、パティシエの渡久山さん一人のため、
朝一に並んだエクレアは午前中に売り切れることもしばしば。

できるだけ作りおきしないように、
開店から閉店まで売れ行きを見計らいながら併設の工房で生地を作り続けているそうです。

必ず手に入れたい人は電話予約しておくのがおすすめです。

 

多彩なアレンジが魅力のエクレア

人気なのはチョコレートに真っ赤な花びらが映える「ガトーショコラ」や
クリーム状にしたピスタチオにレモンピールが効いた「ピスタチオ」。
中にはそれぞれのアレンジにあわせたクリームがたっぷり入っています。

ほかに桜色のデコレーションがキュートな春限定の「桜」や、
母の日にはバラの香りのエクレア、
イベントにあわせた限定商品のほか、
ハートのエクレアなどお客さんの要望に応じたオーダーも相談可能です。

季節限定商品はお店のフェイスブックをチェックです。

 

 

 

 

セシルブルー 店舗概要

住所 福岡県福岡市中央区薬院2-14-25
電話番号 070-5692-7099
アクセス 地下鉄七隈線 薬院大通駅 徒歩5分

薬院大通駅から231m

営業時間 11:00~20:00 (なくなり次第終了)
定休日 月曜日(祝日の場合も休み)
予算  ~ ¥999
駐車場 無し
公式 ホームページ                    http://www.e-a-cecilblue.com/ 
公式Instagram @e.a.cecilblue

 

 

 

 

 


5. エトワールドール

昭和34年2月6日和菓子屋の次男として
福岡市大手門に生まれる。 小学校から高校まで野球一筋。
熊本の「ブロニューの森」洋菓子専門店で5年間修業し、
その後、実家に帰り、昭和63年福岡市中央区大手門で
「エトワール・ドール」を開店しました。

 

エトワールドール 店舗概要

住所 福岡県福岡市中央区大手門3-5-8
電話番号 092-741-5659
アクセス 福岡市交通局地下鉄空港線大濠公園駅下車徒歩約1分
西鉄バス荒戸1丁目バス停下車徒歩約0分大濠公園駅から52m
営業時間 9:00~21:00
定休日 無休
予算 ¥1,000 ~ ¥3,999
駐車場 有り

 

 

 

 

 

 


まとめ

この記事では天神近辺の美味しいシュークリームを特集しましたが、この中で気になるお店さんはありましたか?
この記事でご紹介したお店はどれも大名BASE編集部のメンバーのお気に入りスポットです。美味しい焼きとりを食べたい際はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。